2015.12.07

遅咲きの点取り屋トーニが現役引退を表明か…昨季得点王も今季は苦戦

トーニ
現役引退を表明したトーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴェローナに所属する元イタリア代表FWルカ・トーニが6日、大手メディア『スカイスポーツ』のインタビューに応え、今シーズン限りでの現役引退を示唆した。イタリアメディア『TUTTOmercatoWEB.com』などが伝えた。

 現在38歳のトーニは1994年にセリエC1(イタリア3部、現レーガ・プロ)のモデナでキャリアをスタートさせた。その後複数のクラブを渡り歩くと、パレルモに所属していた2003-04シーズンに30得点を挙げてチームを1部昇格に導き、プロ11年目の2004年にはイタリア代表デビューを飾った。2006年にはフィオレンティーナで自身初のセリエA得点王を獲得し、シーズン終了後に行われたドイツ・ワールドカップでは、イタリア代表の主力選手として優勝に大きく貢献した。2007-08シーズンにはバイエルンでブンデスリーガ得点王に輝くなど、多くのクラブで功績を残している。

 現在所属するヴェローナには2013年夏に加入すると、加入2年目の昨季は22得点で9年ぶりのセリエA得点王を獲得した。しかし、今季は左ひざのじん帯を痛めて長期離脱を強いらると、11月22日の第13節ナポリ戦で復帰したものの、15試合未勝利で最下位に沈んでいるチームとともに、苦戦を続けている。

 6日に行われたエンポリ戦で0-1の敗戦を喫すると、トーニは試合後に「辞め時が来たと思う」と現役引退を示唆し、「ヴェローナの残留を祝えることを願っている」と現役最後の可能性がある今シーズンの目標を口にした。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る