2015.10.13

元日本代表監督のザッケローニ氏、伊代表の次期指揮官候補に浮上か

ザッケローニ
2010年から2014年まで日本代表を率いたザッケローニ氏 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元日本代表指揮官のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリア代表の次期監督候補に浮上していると、イタリアメディア『スポーツ・メディアセット』が12日に報じた。

 現在、イタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督は、ユーロ2016終了後の2016年7月に契約満了を迎える。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は9日に、同監督が2018年ロシア・ワールドカップまでの契約延長オファーを拒否し、クラブチームへの復帰を望んでいると報じていた。

 同メディアによると、FIGC(イタリア・サッカー連盟)のカルロ・タヴェッキオ会長が、以前からザッケローニ氏の指揮官就任を希望している模様で、コンテ監督の就任前にもコンタクトをとっていたという。

 その他の候補にはU-21同国代表を率いるルイジ・ディ・ビアジョ氏や、2009年12月から2014年3月までロシアのゼニトを率いていたルチアーノ・スパレッティ氏の名前も挙がっている。

 ザッケローニ氏は、インテル、ミラン、ユヴェントスなど、イタリア国内のクラブを指揮した後、2010年に日本代表監督に就任。翌年に行われたアジアカップで優勝を果たしたが、2014年のブラジル・ワールドカップではグループステージ1分2敗で、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を逃し、大会後に退任していた。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る