2015.05.31

フル出場の本田、得点絡むも不発…ミランが逆転勝利で今季最終戦を飾る

古巣相手に逆転弾を決めたミランのボナヴェントゥーラ(右から3人目)[写真]=Getty Images

 セリエA最終節が30日に行われ、アタランタと日本代表FW本田圭佑の所属するミランが対戦した。

 10位につけるミランが、降格圏ぎりぎりの15位につけるアタランタのホームに乗り込んでの今シーズン最終戦。ミランは前節、ホーム最終戦だったトリノ戦で勝利しており、2連勝でシーズンを終えたいところ。今節、本田は6試合連続で先発出場している。

 試合の立ち上がりはアタランタが主導権を握る。8分、ルカ・チガリーニからのロングパスから、ペナルティエリア内に抜け出したダニエレ・バセッリがシュートを放つが、GKクリスティアン・アッビアーティの好セーブに阻まれた。さらに17分、右サイドからのクロスに、ファーサイドのジェルマン・デニスが頭で合わせるが、クロスバーに阻まれた。

 すると21分、アタランタに先制点が生まれる。マキシミリアーノ・モラレスが右サイドからクロスを入れると、エリア内中央へ走り込んだバセッリがヘディングで押し込んだ。

 先制を許したミランだったが35分、ジャンパオロ・パッツィーニがエリア内で倒されてPKを獲得。36分に自らPKキッカーを務めたパッツィーニが枠の右隅に決めた。パッツィーニの2試合連続PKゴールで、ミランが同点に追いついた。

 すると直後の38分、ミランが勢いに乗って逆転に成功する。味方からのパスをエリア内中央で受けた本田がキープするも潰される。こぼれ球をパッツィーニがダイレクトでシュートを放つが、右ポストに直撃。跳ね返ったところをジャコモ・ボナヴェントゥーラが押し込んでゴールネットを揺らした。ボナヴェントゥーラは古巣相手のゴールとなった。前半はミランが逆転し、2-1で折り返す。

 後半に入って67分、アタランタはダヴィデ・ザパコスタが右サイドから速いグラウンダーのクロスを入れる。対応したアッビアーティはキャッチしきれず、こぼれ球にデニスが詰めるも押し込むことはできない。ミランは70分、エリア手前右で本田がエリア内にスルーパス。マルコ・ファン・ヒンケルが走り込んでいたが、わずかに合わずボールは直接GKマルコ・スポルティエッロにキャッチされた。

 ミランは80分、右サイドからのクロスに、エリア内中央に飛び出したファン・ヒンケルが、スポルティエッロに潰される。ボールはそのままファーサイドに流れて、ボナヴェントゥーラが合わせるが左ポストに直撃。そのこぼれ球を再び拾ったボナヴェントゥーラが、落ち着いて右足でゴールを奪った。ミランがリードを2点に広げた。

 試合はこのまま終了。ミランが3-1でアタランタに勝利を収め、2014-15シーズン最後の試合を締めくくった。なお、本田はフル出場している。

【スコア】
アタランタ 3-1 ミラン

【得点者】
1-0 21分 ダニエレ・バセッリ(アタランタ)
1-1 37分 ジャンパオロ・パッツィーニ(PK)(ミラン)
1-2 38分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)
1-3 80分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)

【得点者】
●FC東京、武藤嘉紀のマインツ移籍合意を発表「全身全霊で頑張ります」
●マインツ移籍決定の武藤…チェルシーへの未練は「全くないです」
●ミラン復権の厳しさ語る本田「それでも必要とされるならば残りたい」
●本田の同僚チェルチ、移籍の噂を一蹴「ミランがプライオリティ」
●アーセナルがFAカップ2連覇…4発完勝で歴代最多12回目の優勝果たす

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る