2015.02.08

本田、今季初のトップ下起用も辛口評価「一切有効なプレーがない」

本田圭佑
ユヴェントス戦にフル出場したミランのFW本田圭佑(中央)[写真]=Getty Images

 セリエA第22節が7日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは首位ユヴェントスと対戦し、1-3で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合の採点と寸評を発表。今シーズン初めてトップ下でプレーした本田に対し、「4.5」(最高点10、最低点1)をつけ、「(アンドレア・)ピルロのマークを務めるが、それはシェフにウェイターをやれと要求するようなもの。ホンダは要求に応えようとしたものの、それは彼の仕事ではなかった。問題は彼が料理に向かった時、つまりボールが入った時、何もチャンスを生み出すことができなかったことだ。18回のボールロストで、一切有効なプレーはなかった」と厳しい評価を下している。

 今冬に加入し、デビュー戦でゴールを挙げたDFルカ・アントネッリが、チーム最高点の「6.5」を獲得。チーム最低点はマイケル・エッシェンで「4」だった。なお、同試合のマン・オブ・ザ・マッチは、FWカルロス・テベスの先制点をアシストし、自身もチーム3点目となるゴールを決めたFWアルバロ・モラタで「7.5」の採点がついている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る