2014.10.30

伊紙、本田の守備を評価も採点伸びず「いつもより断続的なプレー」

本田圭佑
カリアリ戦にフル出場したミランのFW本田圭佑(右)[写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは29日、セリエA第9節でカリアリと対戦。先制を許したミランは、34分にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラの鮮やかなロングシュートで同点に追いつき、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した各選手のプレーを評価。2試合連続でフル出場した本田には「5.5」の及第点を与え、「いつもよりも断続的なプレー。とても良く走ったが、ディフェンスに関してだけ評価させるのであればそれは良い印ではない」と守備での貢献を認めながらも、結果を求める評価となった。

 チーム最高点を獲得したのは、同点弾を決めたボナヴェントゥーラで「6」、最低点はMFサリー・ムンタリ、MFナイジェル・デ・ヨング、FWフェルナンド・トーレス、FWジェレミー・メネズの「5」であった。

 なお、同試合における最高点は、積極的にゴールに迫ったカリアリのMFダニエレ・コンティで「7」の採点が付けられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る