2014.10.26

マンUが関心のビダル、来年1月にユーヴェ退団か…伊紙報道

ビダル
ユーヴェ退団が報じられたビダル [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの退団が現実味を帯びつつあるようだ。イタリアメディア『Tuttomercato.web』は、同選手が来年1月の移籍市場でユヴェントスからの退団を検討していると報じた。

 ビダルに関しては今夏の移籍市場で、ルイス・ファン・ハール監督が指揮するマンチェスター・U入りが報じられていた。だが、ユヴェントスがビダルの残留を強く希望していたこともあり、移籍は実現しなかった。

 しかし同メディアによれば、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、試合前日の夜遊びを報じられたビダルへの信頼を失いつつあると報道。さらに、24日にフランス代表MFポール・ポグバがユヴェントスと長期契約を締結したことが、ビダルの同クラブからの退団に拍車をかけたと伝えている。

 また、かつてユヴェントスでプレーした元イタリア代表FWニコラ・アモルーゾ氏は移籍報道に揺れるビダルについて、「心が離れてしまったように見える。彼は価値のある選手だ。けれど、今は他のリーグでの競争を必要としている」とコメント。ビダルのユヴェントスでの生活は終焉を迎えたとの見解を示した。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る