2014.04.08

伊紙、セリエA初得点の本田圭佑に高評価も守備の貢献求める

本田圭佑
ジェノア戦でセリエA初得点を挙げた本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第32節が7日に行われ、ジェノアと日本代表MF本田圭佑のミランが対戦。4試合連続の先発出場を果たした本田は56分にカウンターからチーム2点目を獲得。リーグ戦出場12試合目で待望の初ゴールを決め、2-1の勝利に貢献した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合の採点を発表。決勝点を挙げた本田には「6.5」と及第点以上の評価を付けた。

 一方、寸評では、「ゴールの後、動きが良くなった。イタリアで2点目、セリエAで初得点だが、守備に関してはもっとやらなければならない」と、ディフェンス面への貢献について指摘している。

 同試合のマン・オブ・ザ・マッチにはミラン所属の元イタリア代表GKクリスティアン・アッビアーティが選出され、採点は「7」。一方、最低点はミランのギニア代表DFケヴィン・コンスタンに与えられた「5」となっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る