2014.03.22

ミラン指揮官、アウェー2連戦の結果で解任も…副会長がチーム帯同

セードルフ
就任後12戦で4勝1分7敗という成績に終わっているミランのセードルフ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランの副会長を務めるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、23日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦、26日に行われる第30節のフィオレンティーナ戦でチームに帯同することとなった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。



 アウェーで難敵相手の2連戦を控えるミランだが、同紙は2連戦でミランが結果を残せなければ、クラレンス・セードルフ監督解任の可能性が高まると見ている。クラブは最後通牒を突きつけたようだ。

 セードルフ監督は、1月に成績不振で解任されたマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任として、ボタフォゴでの選手キャリア引退後すぐ、ミランの監督に就任。公式戦12試合を戦い、4勝1分7敗と浮上させることはできず、現在は公式戦4連敗中となっている。

 クラブ一部選手との不協和音や、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長からの信頼喪失などが報じられているセードルフ監督だが、この2連戦が重要な局面となりそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る