2013.12.23

インテル会長、キャプテン務めた長友を称賛「チームのリーダー」

試合後、サネッティとお辞儀をする長友佑都(右) [写真]=Getty Images

セリエA第17節が22日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはミランと対戦し、ロドリゴ・パラシオの決勝点により、1-0で勝利した。

 試合後、インテルのエリック・トヒル会長は、以下のように喜びを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 会長就任後、初めてのダービーで勝利を味わったことには、「素晴らしい試合にしてくれた選手全員に感謝している。信じられないくらい最高のファンにもお礼を言いたいね。本当に素晴らしい夜だった」とコメント。「おかげで、みんな幸福感に満ちて、クリスマスを過ごすことができるだろう」と喜んだ。

また、「パラシオが今夜決めたのは、今シーズンの全リーグで最も優れたファインゴールではないかと思う。極上のヒールキックだったね」と得点者を称えるとともに、「(ハビエル)サネッティ、(エステバン)カンビアッソと長友はこのチームのリーダーだよ」と、キャプテンマークをつけた3選手についても言及した。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る