FOLLOW US

鎌田先発のフランクフルト、3位ライプツィヒとドロー…長谷部は出番なし

フランクフルトとライプツィヒが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が21日に行われ、日本代表FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトライプツィヒが対戦した。鎌田は開幕8試合連続の先発出場を果たし、長谷部は今季リーグ戦初のベンチスタートとなった。

 勝ち点10ポイントで暫定11位のフランクフルトが暫定3位のライプツィヒをホームに迎えた。リーグ戦4試合白星のないフランクフルトは流れを変えたいところだ。対するライプツィヒは今季、リーグ戦でいまだ1敗しかしていない。

 試合を動かしたのはフランクフルトだった。前半終了間際の44分、ハーフウェーラインからのFKでゴール前へロングボールを送ると、これに抜けたアイメン・バルコクが右足でゴール左に流し込み、先制に成功した。

 1点リードで後半へ折り返したフランクフルトは46分、左サイドを突破したフィリップ・コスティッチがペナルティエリア内に侵入し、シュートを放つ。しかし、GKにセーブされた。ライプツィヒは57分、試合を振り出しに戻す。アンヘリーニョが左サイドからクロスを送ると、後半から途中交代でピッチに入ったユスフ・ポウルセンが右足で合わせる。ボールはクロスバーに当たり、ネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。先制したフランクフルトだったが、後半に追いつかれ、ドローで試合を終えた。両チームの暫定順位はそのままとなった。

 次節、フランクフルトは28日にアウェイでウニオン・ベルリンと、ライプツィヒは同日にホームでビーレフェルトと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 1-1 ライプツィヒ

【得点者】
1-0 44分 アイメン・バルコクフランクフルト
1-1 57分 ユスフ・ポウルセンライプツィヒ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA