2018.11.09

バイエルンのヘーネス会長、退任の可能性を示唆「来年にだって…」

ウリ・ヘーネス
自身の去就について語ったウリ・ヘーネス会長 [写真]=TF-Images via Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長が、後任候補次第で会長職を辞する可能性を示唆した。ドイツ誌『kicker』日本語版が9日に報じている。

 ヘーネス会長は2009年にバイエルンの会長に就任。2013年に脱税容疑で逮捕されると、翌2014年に実刑判決を受けて会長職を辞任した。禁錮3年6カ月で刑が確定したが、模範囚だったこともあって刑期が半減。2016年2月に出所し、同年11月の会長選挙で再任された。

 契約期間は2019年までとなっているヘーネス会長だが、後任候補次第では同職から退く可能性を示唆したという。ドイツ紙『ビルト』の報道を引用した『kicker』日本語版によると、同会長は「おそらくは、あと2、3年は続けるんじゃないか」とも語っているようだが、以下のようにコメントしている。

「人間性をしっかりと持ち合わせた人物である必要がある。サッカーの世界から来ている人物で、オールラウンダーを探しているんだ。簡単なことではないが、それが可能であれば、来年にだって辞める可能性がある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る