2016.07.06

ドイツ・リオ五輪代表のメンバー選考も大詰め…ブラジルへ旅立つのはどの18名か

U-21ドイツ代表
リオ五輪に出場するU-21ドイツ代表 [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ在住。ライター兼サッカー指導者

「リオ(デジャネイロ・オリンピック)に興味がある」

 レヴァークーゼンに所属するMFユリアン・ブラントをはじめ、今夏開催されるリオ五輪出場に思いを馳せるU-23ドイツ代表選手は少なくない。

 先月上旬のドイツ紙『ビルト』によれば、DFB(ドイツサッカー連盟)は同大会に臨む候補を40人まで絞ったとされている。しかしGKティモ・ホルン、DFドミニク・ハインツ、MFレオナルド・ビッテンコートなど、多数の有力候補者を抱えるケルンのマネージャー、ヨルク・シュマトゥケ氏は「選出については、開かれたコミュニケーションが大事だ」とコメントしており、また先述のブラントなど多くの有望な若手が在籍するレヴァークーゼンのスポーツディレクター、ルディ・フェラー氏も「DFBとはコンタクトを取っている。しかし、詳細を明らかにしていかなければならない。1つのクラブが4人も選手を出し、他のクラブが0人というのは、あってはならないことだ」と話すなど、ブンデスリーガクラブの幹部たちにとっては、あくまで所属先での活動が優先であり、時期がかぶってしまう五輪に熱を上げている者は決して多くない。つまり、シュマトゥケ氏とフェラー氏の発言は、「あまり多くの選手を持っていくな」と、DFBに釘を刺していたわけである。

 そして結局、ブンデスリーガ各クラブとDFBは「原則的に、1クラブから最大2選手まで招集が可能」という折衷案で落ち着いた。

 しかしU-23ドイツ代表を率いるホルスト・ルベッシュ監督からすれば、メンバー選考においてこの案は当然、“足かせ”となる。さらに中心選手と目されていたシャルケ所属MFレロイ・サネ、ドルトムント所属MFユリアン・ヴァイグル、バイエルン所属MFヨシュア・キミッヒ、そしてレヴァークーゼン所属DFヨナタン・ターの4選手は、ユーロ2016に出場するドイツ代表に選出されたため、リオ五輪での招集が不可能。また、ボルシアMGに所属するMFマハムート・ダフートも、8月中旬にチャンピオンズリーグのプレーオフを控えているため、同クラブが召集を拒否する構えを見せており、こちらも断念せざるをえない。

 さらに、U-21ドイツ代表主将だったMFケヴィン・フォラントも、ホッフェンハイムからレヴァークーゼンに移籍した直後とあって、オリンピック出場を取りやめる事態となってしまった。

 リオ五輪ドイツ代表メンバー発表は、約1週間後の今月14日。果たしてどの若武者がブラジルへ旅立つことになるのだろうか。

文=鈴木智貴


サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング