2016.04.27

バイエルン会長、DFフンメルスとの接触認めるも「詳細は話さない」

フンメルス
バイエルン移籍が噂されるドルトムントDFフンメルス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンの会長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスと交渉していることを認めた。26日、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。

 同メディアによると、ドルトムントの会長を務めるヨアキム・ヴァツケ氏が25日、バイエルンとの接触があることを認めた。フンメルスの価値に見合った金額のオファーが届けば、移籍を容認する意向だという。

 ルンメニゲ氏は「ヴァツケ氏から、マッツ(フンメルス)がバイエルン移籍を考えているという話は聞いているよ」とコメントし、フンメルス本人にバイエルン移籍の意志があることを明かした。

 一方で、フンメルスはドルトムントとの契約を2017年まで残している。同氏は「(両クラブとフンメルスの)3者が関与しているから、今日ここで詳細を話すことはしたくないんだ。我々は契約を考えているけど、ドルトムントと築き上げた関係を壊したくはないよ」と、ドルトムントと接触していることは明言したが、詳細を語るには至らなかった。

 現在27歳のフンメルスはバイエルンの下部組織出身で、2008年1月にドルトムントに加入。昨シーズンからキャプテンを務め、今シーズンはブンデスリーガ第31節終了時点で27試合に出場している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング