2016.03.11

ゲッツェ、構想外で退団へ…クロップ氏率いるリヴァプールらが関心

ゲッツェ
バイエルンでプレーするゲッツェ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに、同クラブ退団の可能性が浮上した。9日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 2014年のブラジル・ワールドカップ決勝で、同国を優勝に導くゴールを挙げたゲッツェ。しかし今シーズンは、ケガの影響もありブンデスリーガでわずか7試合の出場にとどまっている。

 同紙によると、ゲッツェは2016-17シーズンから指揮を執ることが決定しているカルロ・アンチェロッティ新監督の構想外となっている模様。同選手はバイエルンと2017年まで契約を結んでいるが、クラブ側も売却に動く構えを示しているようだ。

 かつて同選手を指導したユルゲン・クロップ氏が率いるリヴァプールやマンチェスター・U、ユヴェントス、レアル・マドリードがゲッツェの獲得に関心を示しており、夏の移籍市場で争奪戦が予想される。なお、移籍金は3100万ポンド(約50億円)と見積もられている。

 現在23歳のゲッツェは、ドルトムントでプロキャリアをスタートし、日本代表MF香川真司らとリーグ連覇を達成した。2013-14シーズンから所属するバイエルンでは、これまで公式戦通算104試合に出場し34得点を記録している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る