EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.06

ドイツ頂上決戦は互いに譲らず白熱のドロー…香川はまさかの5戦ぶりベンチ外

ドルトムント バイエルン
首位バイエルンと2位ドルトムントの首位決戦はスコアレスドローに終わった [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第25節が5日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとバイエルンが対戦した。香川は5試合ぶりのベンチ外となった。

 前節、2位のドルトムントは14位のダルムシュタットを相手に2-0の快勝を収め、バイエルン戦に向けて弾みをつけた。一方、今シーズンのリーグ戦でホームゲーム無敗を誇っていたバイエルンは、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦。1-2で敗れ、アリアンツ・アレーナで今シーズン初黒星を喫した。両チームの勝点差は「5」まで縮まり、今節の結果次第ではドルトムントが2差まで迫ることができる。

 ホームのドルトムントはスイス代表GKロマン・ビュルキが先発メンバーに復帰。最終ラインではMFスヴェン・ベンダーがドイツ代表DFマッツ・フンメルスとコンビを組み、中盤には同DFエリック・ドゥルムが入った。一方、バイエルンは前節からスタメン5人を入れ替え、ブラジル代表MFドゥグラス・コスタ、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーらが先発メンバーに名を連ねた。

 最初にチャンスを作ったのはバイエルン。5分、ドゥグラス・コスタがクロスを入れると、GKビュルキがなんとか触る。こぼれ球をミュラーが右足で狙ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 一方、ドルトムントはカウンターから一気に攻め込む。11分、自陣中盤でボールを持ったヘンリク・ムヒタリアンが前線へスルーパスを送る。最終ラインの裏へ走りだしていたピエール・エメリク・オーバメヤンが抜けだして、エリア内右からシュートを放ったが、ここはGKマヌエル・ノイアーが正面に弾いた。

 18分、エリア手前でボールを受けたアルトゥーロ・ビダルが左サイドへ展開。パスを受けたD・コスタがピンポイントクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだビダルが合わせたが、ここはゴール右に外れた。

 ドルトムントは連続で相手ゴールに迫る。19分、右サイドでボールを持ったドゥルムが、ムヒタリアンとのワンツーでエリア内右に進入。シャビ・アロンソを背負いながら、ターンして左足シュートを放ったが、ここはサイドネットに外れてしまった。

 続く26分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったユリアン・ヴァイグルが右サイドのオーバメヤンへ展開。オーバメヤンが右サイドを駆け上がり、アーリー気味にグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前にマルコ・ロイスが飛び込んだが、ここはヨシュア・キミッヒが必死の守りでクリアした。

 決定機が生まれたのは27分。バイエルンがカウンターから攻めこむと、センターサークル付近でボールを受けたアリエン・ロッベンが、左サイドを走るD・コスタへスルーパス。完全に抜けだしたD・コスタがGKと一対一となり、左足シュートを放ったが、ここはGKビュルキがビッグセーブを見せて得点を許さなかった。

 前半終了間際はバイエルンの時間帯が続く。42分、ロベルト・レヴァンドフスキからパスを受けたミュラーがエリア内右に進入。DFが防いだボールがこぼれると、これを拾ったロッベンがエリア手前右から左足シュート。しかし、ここはGKビュルキがキャッチした。直後の43分、右サイド高い位置でフィリップ・ラームがボールを奪うと、パスを受けたロッベンがカットインして左足シュートを狙ったが、ここは枠の右に外れた。前半はこのまま0-0で終了し、ハーフタイムを迎える。

 後半立ち上がりの51分、ドルトムントが決定機を迎える。敵陣中央でセカンドボールを拾ったイルカイ・ギュンドアンがダイレクトで浮き玉のパスを送る。抜けだしたオーバメヤンがGKと一対一になったが、ノイアーがなんとかこれを防いだ。

 58分、今度はバイエルンが決定機を作る。X・アロンソが中盤を持ち上がり、最終ラインの裏へスルーパス。抜けだしたロッベンが左足シュートを放ったが、ここはクロスバーの上に外してしまい、チャンスを生かせない。続く64分、左CKを獲得すると、D・コスタのクロスをミュラーが競り合う。こぼれ球をビダルが右足ハーフボレーで狙ったが、ここはGKビュルキがわずかに触れてクロスバーを直撃。ここもゴールを割ることはなかった。

 ドルトムントもなんとか先制点を奪おうと、シュートシーンを作る。66分、フンメルスが後方からロングボールを送る。ロイスが頭で右に落とし、これを受けたオーバメヤンがエリア手前右から右足シュートを放ったが、ここはわずかに枠の右へ外れた。

 バイエルンは75分にD・コスタを下げてフランク・リベリーを投入し、勝負を決めにかかる。一方、ドルトムントは81分にロイスを下げてアドリアン・ラモスを投入した。

 試合終了間際の87分、ドルトムントは右サイドに抜けだしたオーバメヤンが、エリア右横からクロスを供給。ファーサイドに飛び込んだA・ラモスが頭で合わせたが、ここは枠の左に外れてしまった。

 バイエルンは90分にX・アロンソを下げてメフディ・ベナティアを投入。一方、ドルトムントは後半アディショナルタイム1分にギュンドアンを下げてヌリ・シャヒンを投入した。しかし、このまま両チームともに譲らず、首位攻防戦は0-0のドローに終わった。これで両チームの勝点差は「5」のまま変わらず、残すところ9試合となった。

 次節、ドルトムントはマインツと、バイエルンはブレーメンとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ドルトムント 0-0 バイエルン

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る