2016.02.15

岡崎と武藤を獲得したマインツSD、内田のシャルケと契約合意か

ハイデル、武藤嘉紀
武藤獲得を実現させたハイデル氏(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツでスポーツディレクターを務めているクリスティアン・ハイデル氏の去就について、近いうちに発表があるかもしれない。14日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 複数ドイツメディアは、ハイデル氏の新天地について、DF内田篤人のシャルケと報道。同クラブでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は今シーズン終了後の退団が決定しており、同氏の後任として、ハイデル氏の名が挙げられている。また報道によれば、すでにハイデル氏とシャルケは4年契約で基本合意に達しているとのこと。なお、両クラブからの正式な発表はなされていない。

 正式発表がなされていない理由について、『ビルト』は「ハイデルの後任がまだ決まってないため」と記している。しかし同紙は、「マインツはすでにブレーメンのルーヴェン・シュレーダーSDとコンタクトを取っている。シュレーダーSDはキャリアアップを望んでおり、ヨーロッパリーグ出場の可能性が高いマインツでの仕事を望んでいる」と伝えた。つまり、シュレーダーSDのマインツ移籍が決まった段階で、シャルケとマインツはハイデルSD移籍のニュースを正式発表する予定だという。

 ハイデル氏は1992年からマインツに所属。2013年に日本代表FW岡崎慎司(現レスター)、2015年には武藤の獲得に動き、実現させた。2001年には、のちにドルトムントやリヴァプールを指揮することとなるユルゲン・クロップ監督を招へい。指揮官としてのキャリアをスタートさせた。

 シュレーダーSDはデュイスブルクやボーフムなどで現役生活を過ごし、2010年の引退後はニュルンベルクやグロイター・フュルトでスタッフとして在籍。2014年からはブレーメンで同職を務めている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る