2016.02.10

ブンデス2部首位クラブの指揮官、負傷者続出のバイエルンに皮肉

ラングニック
ラングニック監督がバイエルンを批判 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在ブンデスリーガ2部で首位を走るライプツィヒで監督兼スポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック監督が、バイエルンの負傷者対策が不十分と批判した。ドイツ紙『フランクフルター・アルゲマイネ』が報じている。

 インタビューに応じたラングニック監督は、負傷者が続出しているバイエルンについて「私は外部の人間なので、もちろん正確に判断することは難しい」と前置きしつつも、「ただし、サッカーの専門家としての見解を言わせてもらえれば、『全身全霊でサッカーに取り組んでいる選手は、基本的にほとんどケガをしない』ということだ」と持論を展開している。

 さらにラングニック監督は「我々も非常にインテンシティーが高いサッカーをこなしているが、筋肉系の負傷者はほとんどいない。もちろん、私とスタッフは細部にもこだわって共同作業をしているけれどね」と、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が医療スタッフとたびたび衝突していることを皮肉った。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る