2016.02.10

ドルトが3発快勝、ドイツ杯4強入り…香川は試合終盤に途中出場

GettyImages-509212710
オーバメヤンのチーム2点目を喜ぶドルトムントの選手たち [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFBポカール(ドイツ・カップ)準々決勝が9日に行われ、シュトゥットガルトと日本代表MF香川真司のドルトムントが対戦。公式戦2試合ぶりに招集メンバー入りした香川はベンチスタートだった。

 6日に行われたブンデスリーガ第20節で、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンと0-0で引き分けたドルトムント。リーグ戦3試合負けなし、中2日で迎える準々決勝で、トーマス・トゥヘル監督は先発メンバーを2名変更した。ドイツ代表DFマティアス・ギンターと同DFエリック・ドゥルムがスタメン入りを果たしている。

 対するシュトゥットガルトはリーグ戦4連勝中で、公式戦では最近7試合負けなしと好調を維持。3日前のブンデスリーガ第20節では、日本代表MF長谷部誠のフランクフルトを4-2で破っている。中2日で迎える一戦では、先発メンバーを3名変更。オーストラリア代表GKミチェル・ランゲラクとボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFトニ・シュイッチ、ウクライナ代表FWアルテム・クラヴェツが起用された。古巣との初対戦となるドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツも先発メンバーに名を連ねている。

 激しい雨が降る中で始まった一戦。スコアは開始早々に動いた。5分、ドルトムントが左サイドから攻撃を仕掛け、中央へのカットインから右サイドへ展開。ペナルティーエリア右側でパスを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール前へダイレクトで折り返すと、ファーサイドに詰めていたマルコ・ロイスが右足シュートでニアサイドの上を抜き、ゴールネットを揺らした。最初の決定機を確実に生かしたドルトムントが先制に成功した。

 リードを奪ったドルトムントは、以降もボールポゼッション率を高めて試合を優位に進めていく。しかし21分、シュトゥットガルトがワンチャンスを生かして同点に追いついた。左CKの流れから、左サイドからのクロスがゴール前へ飛ぶと、シュートのこぼれ球がペナルティーエリア手前へと転がる。反応したルーカス・ルップがダイレクトで右足シュートを放つと、ブロックを試みた相手DFに当たったボールがゴールへ吸い込まれた。

 雨脚が強まる中、25分にはドルトムントのサポーター席から大量のテニスボールがフィールドに投げ入れられるアクシデントも発生。近くの位置にいた選手たちがピッチの外へとボールを処理したが、スタジアムは騒然となった。

 そして31分、次のゴールはドルトムントのものだった。ショートカウンターからロイスがドリブルで持ち出し、ペナルティーエリア左手前のオーバメヤンへパス。オーバメヤンはトラップから素早く縦へ持ち出し、左足を振り抜く。強烈なシュートがゴール左隅へ突き刺さった。ドルトムントが2-1と勝ち越しに成功。前半を1点リードで終えた。

 後半最初のチャンスは56分、ペナルティーエリア右側でパスに反応したオーバメヤンが角度のないところから狙うと、強烈なシュートは枠を捉えたものの、相手GKに阻まれた。以降は拮抗した展開で、激しい競り合いとショートカウンターの応酬となる。ドルトムントはシュトゥットガルトにシュートを打たれる場面が増えたが、決定機を作られることなく時計の針を進めていく。67分にはペナルティーエリア内でパスをつなぎ、ロイスがシュートチャンスを迎えたが、相手DFにブロックされた。

 両チームの選手たちがウェアを泥だらけにし、凹凸が目立つピッチコンディションで迎えたラスト15分は、互いに攻め合う激しい内容に。ドルトムントのトゥヘル監督は78分にロイスに代えてモリッツ・ライトナーを投入。さらに86分、イルカイ・ギュンドアンに代えて香川をピッチに送り出した。

 公式戦2試合ぶりにピッチに立った香川は、出場直後にヘンリク・ムヒタリアンのチャンスを演出。そして89分、カウンターで敵陣左サイドを独走したオーバメヤンがドリブルで縦へ突破し、ペナルティーエリアに進入。相手GKを引き付けてラストパスを供給すると、ムヒタリアンが無人のゴールへ難なく押し込み、3点目を決めて勝利を決定付けた。

 試合は3-1で終了。2大会連続で準優勝のドルトムントが敵地で快勝し、3シーズン連続のベスト4進出を決めた。

 ドルトムントは次戦、13日のブンデスリーガ第21節で日本代表DF酒井宏樹と同MF山口蛍、同MF清武弘嗣が所属するハノーファーをホームに迎える。一方のシュトゥットガルトは同日、原口所属のヘルタ・ベルリンとホームで対戦する。

【スコア】
シュトゥットガルト 1-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 5分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 21分 ルーカス・ルップ(シュトゥットガルト)
1-2 31分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-3 89分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る