2016.02.07

原口先発のヘルタとドルトムントの上位対決はドロー…香川はベンチ外

原口
ドルトムント戦でプレーするヘルタ・ベルリンの原口 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと同MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。原口が左サイドハーフでリーグ戦4試合連続となる先発出場を果たした一方、香川はベンチ外となっている。

 リーグ後半戦再開後、2試合連続の引き分けに終わっている3位ヘルタ・ベルリンは、ホームに2位ドルトムントを迎えた。ヘルタ・ベルリンはチームのトップスコアラーであるコートジボワール代表FWサロモン・カルーや、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビシェヴィッチがスタメンに名を連ね、原口とともに攻撃的ポジションで起用された。一方のドルトムントは香川がベンチ外となり、ドイツ代表MFゴンサロ・カストロやU-20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルらが中盤で先発起用された。

 最初にチャンスを迎えたのはヘルタ・ベルリン。9分、ハーフウェイライン付近からのFKを相手DFがヘディングでクリアしたところにウラジミダール・ダリダが反応。右足のボレーシュートを放ったが、これはGKロマン・ビュルキの正面でゴールとはならない。さらに20分にはCKからチャンスを迎えると、ダリダの蹴ったボールにジョン・アンソニー・ブルックスが頭で合わせた。しかしボールはクロスバーの上へわずかに外れた。

 一方のドルトムントもCKからチャンスを作る。36分、マルコ・ロイスのボールからマッツ・フンメルスがヘディングシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれネットを揺らせない。このまま0-0で前半を折り返す。

 後半に入るとドルトムントがボールを支配する時間が続く。70分には、エリア内でパスを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンがグラウンダーのクロスを上げると、中央で待っていたヘンリク・ムヒタリアンが右足で合わせたが、シュートは枠外へ飛んだ。

 防戦一方のヘルタ・ベルリンは76分、カウンターを仕掛ける。相手CKのこぼれ球を拾うと、原口が一気にドリブルで持ち上がった。そこからラストパスを受けたカルーがDFをかわしてミドルシュートを打ったがゴール左に外れた。

 試合終盤は両チーム目立ったチャンスを作れないままタイムアップ。リーグ2位と3位の直接対決は終始拮抗した内容でスコアレスドローに終わった。なお、先発出場の原口はフル出場を果たしている。

 次節、ヘルタ・ベルリンは2月13日に敵地でシュトゥットガルトと、ドルトムントは同日、ホームで日本代表DF酒井宏樹、同MF清武弘嗣、同MF山口蛍が所属するハノーファーとそれぞれ対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 0-0 ドルトムント

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る