2016.02.07

武藤の先制点に絡む活躍でマインツが2連勝…山口は無念の前半で交代

武藤嘉紀
ハイロの先制点に絡んだ武藤(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、日本代表DF酒井宏樹、同MF山口蛍、同MF清武弘嗣が所属するハノーファーと同FW武藤嘉紀が所属するマインツが対戦した。酒井宏は右サイドバックで5試合連続、山口は右MFで2試合連続、武藤はセンターフォワードで2試合連続の先発出場となった。なお、負傷から復帰した清武はこの日もベンチ外だった。

 前節、敵地でレヴァークーゼンと対戦したハノーファーは、山口がブンデスリーガデビューを飾ったものの、0-3の完敗を喫して5連敗。順位も自動降格圏の最下位18位と厳しい状況が続いている。一方、8位のマインツは4位ボルシアMGに1-0の勝利。4試合ぶりの白星で7位ヴォルフスブルクに勝点で並んだ。この試合で連勝を飾り、ヨーロッパリーグ出場圏内に浮上したいところだ。

 試合は序盤からマインツがペースを握る展開となる。11分、右サイドのクリスティアン・クレメンスがユヌス・マッリとのワンツーから抜け出し、エリア手前から右足シュート。しかし、ここはゴールの左に外れてしまった。

 続く24分、左サイドのガエタン・ブスマンが前線左の武藤へタテパスを送る。武藤がなんとか折り返しのクロスを送ると、ボールはファーサイドのクレメンスにわたる。クレメンスがワントラップから中央にラストパスを入れると、最後はハイロ・サンペイロが右足でゴール左下に流し込み、マインツが先制に成功した。

 1点を奪われたハノーファーはミスからピンチを招いてしまう。32分、山口とウフェ・ベックが味方同士で交錯してしまい、ユリアン・バウムガルトリンガーにボールを奪われる。バウムガルトリンガーがドリブルで持ち上がり、エリア左のマッリへパスを送ると、マッリが右足シュートを狙ったが、ここは枠の右に外れてしまった。

 すると追いつきたいハノーファーは前半のうちに交代カードを切る。35分、山口を下げてサリフ・サネを投入した。前半はこのまま1-0でハノーファーがリードして終了する。

 後半立ち上がりの53分、ハノーファーがチャンスを作る。前線でパスを受けたアダム・サライが右足でミドルシュート。しかし、ここはGKロン・ロベルト・ツィーラーの正面に飛んでしまった。

 マインツは56分に右サイドでFKを獲得する。ダニー・ラッツァがクロスボールを入れると、ファーサイドのブスマンが頭で落とし、エリア手前のクレメンスが右足ボレーシュート。しかし、ここはGKツィーラーがなんとか防いだ。

 ハノーファーは63分にアンドレ・ホフマンを下げ、アルトゥル・ソビエフを投入。一方、マインツは67分にマッリを下げて、ジョン・コルドバを投入した。ハノーファーも同時にベックを下げてケナン・カラマンを入れ、3枚の交代カードを使い切った。

 70分、ハノーファーにビッグチャンスが生まれる。右サイドの酒井宏がアーリークロスを入れると、ソビエフが頭で落としてエリア内右のウーゴ・アルメイダがダイレクトシュート。しかし、ボールはわずかに枠の左に外れてしまった。

 追加点が欲しいマインツもシュートチャンスを作る。72分、エリア内右でボールを受けたコルドバがドリブル突破。角度のないところから右足シュートを放ったが、ここは右のサイドネットに当ってしまった。マインツは74分に武藤を下げてファビアン・フライをピッチに送り込んだ。

 80分、ハノーファーがエリア手前右でFKを獲得すると、味方が壁からボールをズラし、右足で強烈なシュート。しかし、ここはGKロリス・カリウスが好セーブを披露し、得点を許さない。

 このまま1-0でマインツがハノーファーを振り切り、2連勝を飾った。一方、ハノーファーは6連敗となっている。なお、酒井宏はフル出場、武藤は74分まで出場、山口は35分まで出場した。

 次節、ハノーファーは敵地で日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、マインツはホームでDF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 0-1 マインツ

【得点者】
0-1 24分 ハイロ・サンペイロ(マインツ)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る