2016.01.27

武藤所属のマインツ、右サイドバックを補強…元U-21伊代表を獲得

ドナーティ
マインツ移籍が決まったDFドナーティ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FW武藤嘉紀が所属するマインツは25日、レヴァークーゼン所属のイタリア人DFジュリオ・ドナーティの獲得を発表した。契約期間は2019年6月30日まで。クラブの公式HPが伝えている。

 ドナーティは1990年生まれの25歳。インテルの下部組織出身で、トップチーム昇格後はイタリア国内で期限付き移籍を繰り返した。U-20、U-21イタリア代表にも選出された同選手は、2013年夏にレヴァークーゼンへ4年契約で移籍。キャリア通算でブンデスリーガ43試合、チャンピオンズリーグ15試合出場を記録している。今シーズンはブンデスリーガで12試合に出場していた。

 ドナーティの獲得にあたり、マインツのマルティン・シュミット監督は、「ゴンザロ・ハラが移籍したため、我々はサイドバックの補強を考えていた。ドナーティはブンデスリーガのトップクラブでプレーし、チャンピオンズリーグ出場経験も豊富だ。今までに高いパフォーマンスを見せてきており、彼のように非常に勤勉で情熱的な選手を迎え入れることができて嬉しく思っている」と、コメントしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る