2016.01.23

バイエルン、エース2発でHSV下して再開戦白星…酒井は出場せず

バイエルン
ゴールを祝うバイエルンの選手たち。2-1でHSVを下した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第18節が22日に行われ、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとバイエルンが対戦した。

 中断期間を終えていよいよ再開するブンデスリーガ。3試合勝ち星のないハンブルガーSVは現在10位につけており、上位浮上のためにも王者相手に勝ち点を獲得したい。酒井はベンチスタートとなった。対するバイエルンは首位を独走中。負傷で戦列を離れていたMFドゥグラス・コスタとDFダヴィド・アラバが先発に名を連ねている。

 最初にチャンスを作ったのはハンブルガーSV。21分、右サイドをドリブルで持ち上がったデニス・ディークマイアーが右足でミドルシュートを狙ったが、これはわずかに枠の左に外れた。すると、37分にバイエルンが先制点を奪う。自陣からのロングボールでDFラインの裏を取ったトーマス・ミュラーがエリア内でGKレオ・アドラーに倒されPKを獲得。キッカーのロベルト・レヴァンドフスキがゴール右にきっちりと決めた。

 バイエルンの1点リードで前半を折り返した試合は、53分に振り出しに戻る。右サイドでFKを得ると、アーロン・ハントが左足でクロスを供給。ゴールに向かってカーブがかかったボールが、シャビ・アロンソの足に当って左サイドネットに吸い込まれた。

 しかし、オウンゴールを献上してしまったバイエルンはすぐに反撃。61分、右サイドからのクロスがこぼれたところを、エリア手前正面のミュラーが胸でコントロール。そのまま右足ハーフボレーで狙うと、エリア内のレヴァンドフスキがシュートコースを変える。ミュラーのシュートに反応していたGKは裏を取られ、ボールはゴール右に転がり込んだ。

 67分にはエリア手前右からのFKをアラバが左足で直接狙ったが、強烈なシュートは右ポストを直撃。試合はこのまま2-1で終了のホイッスルを迎え、バイエルンが再開戦を白星で飾った。なお酒井に出場機会はなかった。

 次節、ハンブルガーSVは30日に敵地でシュトゥットガルトと、バイエルンは31日にホームでホッフェンハイムと対戦する。

【スコア】
ハンブルガーSV 1-2 バイエルン

【得点者】
0-1 37分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
1-1 53分 オウンゴール(シャビ・アロンソ)(ハンブルガーSV)
1-2 61分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
37pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る