2016.01.22

今季でバイエルン退任のペップ、将来の独復帰を示唆「監督として戻る」

グアルディオラ
20日に練習を行うバイエルンのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images for FC Bayern
サッカー総合情報サイト

 バイエルンの指揮官を今シーズン限りで退任するジョゼップ・グアルディオラ監督が、22日に開催されるブンデスリーガ後半戦開幕を前に、記者会見に出席した。21日、ドイツ誌『スポーツビルト』が報じている。

 同誌によるとグアルディオラ監督は、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと戦うブンデスリーガ第18節について、「この冬に行ったトレーニングの成果が、結果を分けるだろう」と話したという。

 また、勝ち点8差でバイエルンを追尾する日本代表MF香川真司のドルトムントについて尋ねられると、「彼らはヨーロッパでトップ5に入るほどのチームだ。我々はもうタイトルを獲得しただろうか? だったらハンブルクとの試合を行う必要はないだろうね」とコメントしている。

 加えて同監督は、「私はここに、つまりドイツへ戻ってくるだろう。おそらく監督としてね。自分がバイエルンの監督を務めているなんて、10年前はまったく思っていなかった。人生では何が起こるか誰にも分からない」と、将来的なブンデスリーガ復帰の可能性についても示唆したという。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る