2016.01.20

内田所属のシャルケに痛手…主将ヘーヴェデスが右足負傷で長期離脱へ

ヘーヴェデス
10日のフォートローダーデール戦で負傷したヘーヴェデス [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DF内田篤人が所属するシャルケの主将を務めるドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスが長期離脱する見通しとなった。19日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 同紙によると、ヘーヴェデスは、アメリカ合宿中の10日に行われたフォートローダーデール・ストライカーズ(NASL=北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)との練習試合で負傷。当初は、肉離れで全治4~6週間と見られていたが、その後、ミュンヘンで開業しているドイツ代表チームドクターのハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールト医師を訪ねたところ、筋肉ではなく右太ももの腱を痛めていたことが発覚したという。

 同クラブのアンドレ・ブライテンライター監督にとっても、リーグ後半戦のプランが完全に狂ってしまったようで、「我々はこのクラブに在籍する選手たちを信頼している。しかしリスクは冒したくない。(ヘーヴェデスが務める)センターバックのポジションで補強をしなければならないだろう」とコメント。またマネージャーのホルスト・ヘルト氏も「誰かを獲得するかどうかについて考えている。ベネディクトはかなり多くの試合で欠場してしまうだろうからね……」と途方に暮れている。

『ビルト』紙によれば、ヘーヴェデスは復帰までに約3カ月を要する見込みだという。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
30pt
バイエルン
27pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る