2015.12.27

レアル、1月にスイス代表DF獲得を画策も…選手の希望はバルサか

R・ロドリゲス
ヴォルフスブルクでプレーするリカルド・ロドリゲス [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードがヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲスの獲得に動いていると、26日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 同クラブはポルトガル代表DFファビオ・コエントランをモナコにレンタルで放出したことで、左サイドバックを本職とする選手がブラジル代表DFマルセロ1人となっており、ラファエル・ベニテス監督が冬の移籍市場での補強を望んでいるという。

 今夏もR・ロドリゲスの獲得に動いていたレアル・マドリードだが、その際には選手本人が「面白いオファーだったね。でも僕はヴォルフスブルクの選手で、ここで続けていくだろう」と移籍を否定し、チームに留まっていた。

 同紙は移籍が成立しなかった理由として、2019年までの契約を結んでいることと、R・ロドリゲスがバルセロナでプレーすることを望んでいるからだと報道。しかし、バルセロナは2011年と2013年に同選手の獲得へ動いたようだが、移籍が成立することはなかった。

 現在23歳のR・ロドリゲスはスイスのチューリッヒでキャリアをスタートさせると2012年1月にヴォルフスブルクへ移籍。今シーズンはブンデスリーガでこれまで12試合に出場し、2ゴールを記録している。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ケルン
0pt
ホッフェンハイム
0pt
欧州順位をもっと見る
デポルティボ
4pt
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る