2015.11.06

グアルディオラの飽くなき向上心「私の野望は支配率100パーセント」

グアルディオラ
アーセナル戦に臨んだグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images for FC Bayern
サッカー総合情報サイト

 4日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節で、バイエルンはアーセナルと対戦し、5-1で勝利を収めた。しかし、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、大勝にも満足していないことを明かしている。5日付のイギリス紙『ガーディアン』が伝えた。

 バイエルンは、アーセナル戦で66パーセントのボール支配率を記録。グアルディオラ監督は、「人びとはボール支配率が最も重要なものではないと言うが、私にとっては1番大切なものなんだ」と自身の哲学を述べ、「それが第1歩で、その後に2歩目3歩目がついてくる。ボールを持っていれば、そこから何かを創造できる可能性が上がるし、相手のチャンスを少なく抑えることにもなる」と、ボール支配率の重要性を口にした。

「私の選手たちがフットボーラーを目指した時、彼らはただ単に走るだけではなく、ボールを持ってプレーすることを希望した。ボールを握っていたからこそ、我々は大量に得点を奪うことができたし、相手のチャンスを最小限にできた」

 一方、「我々は成長してきたが、アーセナル戦の後半のことを考えると、まだ完璧ではない。以前よりは良くなっているものの、失点をしてしまった」と不満を漏らすと、「私の野望は、ボール支配率100パーセントだ」と究極の目標を掲げている。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る