FOLLOW US

長谷部先発のフランクフルト、連敗で6試合勝利なし…乾は途中出場

ブレーメン戦に出場した長谷部誠(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第31節が2日に行われ、日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトは敵地でブレーメンと対戦した。長谷部は先発、乾はベンチスタートとなった。

 19分、フランクフルトにアクシデントが発生。ボールを奪いに行ったソニー・キッテルが負傷し、早くも交代カードを1枚使う。ピッチには乾が送り出された。直後、ブレーメンに決定機が訪れる。ヤネク・シュテンベルクが左サイドから入れたクロスにフランコ・ディ・サントが頭で合わせたが、惜しくも枠を外れる。

 34分、ネルソン・バルデスがペナルティエリア内右から折り返したところ、ハリス・セフェロヴィッチがシュートで狙ったが、得点には至らず。前半をスコアレスで折り返した。

 54分、ブレーメンはCKを獲得すると、クロスに反応したセバスティアン・プレドルがヘディングシュート。これをケヴィン・トラップが何とか片手で搔き出し、フランクフルトはピンチを凌ぐ。62分、左サイドでパスを受けた乾がドリブルでエリア内に持ち込み、そのまま右足シュートを放ったが、相手GKにキャッチされる。

 均衡が破れたのは65分。CKからのクロスにダヴィー・ゼルケが頭で合わせると、ボールは相手GKの左脇でバウンドしながらネットに吸い込まれた。先制を許したフランクフルトは最後まで1点が遠く、試合は1-0で終了。ブレーメンが2試合ぶりの勝利を収めた。対するフランクフルトは連敗を喫し、6試合勝利がない厳しい状況となった。

 次節、ブレーメンは日本代表MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーと、フランクフルトはホッフェンハイムとそれぞれ対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1-0 フランクフルト

【得点者】
1-0 66分 ダヴィー・ゼルケ(ブレーメン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO