2015.04.03

長谷部&乾と酒井宏&清武そろって先発か…4日に日本人直接対決

フランクフルトの長谷部、乾とハノーファーの酒井、清武(左から) [写真]=Bongarts/Getty Images

 4日に行われるブンデスリーガ第27節で、日本代表のMF長谷部誠乾貴士が所属するフランクフルトと、同代表DF酒井宏樹、MF清武弘嗣が所属するハノーファーが対戦。ブンデスリーガの日本語版公式サイトでは、予想先発メンバーと展望を掲載している。

 同サイトでは、日本代表の4人を予想先発メンバーに記載。「日本代表対チュニジア代表で負傷した酒井の状態は気になるが、長谷部、乾、清武は順当に先発出場するものと見られている」と述べている。

 試合の見どころとしては、4人の日本人選手の出場はもちろんのこと、両チームの対照的な現状も挙げられている。

 現在8位で欧州リーグ(EL)の出場権獲得も視野に入っているフランクフルトは、アウェーでの7戦未勝利に対し、本拠地では7戦負けなし。チーム全体の走行距離もホームとアウェーでは平均約3キロも違い、同項目でここまで差が生じているチームはフランクフルト以外に存在しない。

 また、今季ここまでバイエルンヴォルフスブルクに次ぐ得点力を持っていることも紹介している。特に、32歳のFWアレクサンダー・マイヤーは、現在19得点で得点王争いのトップ。フランクフルトから得点王が生まれれば、1992-93シーズン、93-94シーズンのアンソニー・イェボア以来、21年ぶりとなる。

 一方のハノーファーは、2015年に入ってからいまだ勝ち星がない唯一のクラブ。10試合勝利から遠ざかっている状態だが、フランクフルトとの過去8試合の対戦成績はハノーファーが6勝1分け1敗と大きく勝ち越しており、相性のよさを生かせるかという点にも注目だ。

 両チームの予想先発メンバーは以下のとおり。

フランクフルト

▽GK
ケヴィン・トラップ
▽DF
ティモシー・チャンドラー
カルロス・サンブラーノ
アレクサンダー・マドルンク
バスティアン・オツィプカ
▽MF
シュテファン・アイグナー
マルク・シュテンデラ
長谷部誠
乾貴士
▽FW
ハリス・セフェロビッチ
アレクサンダー・マイヤー

ハノーファー

▽GK
ロン・ロベルト・ツィーラー
▽DF
酒井宏樹
マルセロ
フェリペ
クリスティアン・シュルツ
▽MF
サリフ・サネ
ジミー・ブリアン
清武弘嗣
ラース・シュティンドル
エドガー・プリプ
▽FW
ホセル

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る