2015.03.20

ブンデス第26節で日本人5選手先発か…独誌が予想

ドイツでプレーする日本人選手では最古参の長谷部 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第26節を控え、ドイツ誌『キッカー』が各チームの先発選手を予想した。

 日本人選手では、フランクフルトのMF長谷部誠とMF乾貴士が21日のシュトゥットガルト戦で先発濃厚となった。一方、対戦相手となる酒井高徳はベンチスタートと予想されている。

 同日に行われるハノーファー対ドルトムント戦では、ハノーファーのMF清武弘嗣が先発出場を予想されているが、ハノーファーのDF酒井宏樹とドルトムントのMF香川真司は控えと見られている。レヴァークーゼン戦に臨むシャルケのDF内田篤人は、先発出場の可能性があると伝えられた。22日にヴォルフスブルクと対戦するマインツのFW岡崎慎司は、先発濃厚となっている。

 また、20日にハンブルガーSV戦を控えるヘルタ・ベルリンのMF細貝萌とFW原口元気、21日にブレーメンと対戦するケルンのMF長澤和輝、FW大迫勇也はベンチスタートと伝えられた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング