2014.11.02

ドルト5連敗も香川には高評価「X・アロンソを完璧に封じ込めた」

香川真司
X・アロンソをマークするドルトムントのMF香川真司(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が1日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントは、首位のバイエルンと対戦。前半、マルコ・ロイスのゴールで先制するも、逆転を許し2-1で敗れた。ドルトムントはリーグ戦5連敗を喫している。

 ドイツの地元メディアは同試合の採点と寸評を発表。71分までプレーした香川に対し、『Revier Sport』は「2」(最高点1、最低点6)の採点を与え、「ドルトムントの司令塔は、器用なテクニシャンであるだけでなく、ドルトムントの他の攻撃の選手ではできないようなボールの扱いができる。彼には、バイエルンの頭脳であるシャビ・アロンソをマークする任務を背負わされていたが、完璧にスペイン人を封じ込めた。香川は、31分の先制点の場面を含め、攻撃でも力強かった。後半はひとつのシーンを除き、香川もチームに落ち着きを与えることができなかった」と高く評価した。

 さらに『West Deutsche Allgemeine』も「2.5」と高得点をつけた。「前半は、パスコースを限定することで、シャビ・アロンソをほぼ完璧に消していた。攻撃では、ロイスへのヒールパス、(ピエール・エメリク・)オーバメヤンとのワンタッチパスからの先制点など、いくつかのアイデアを見せた。59分の(ジェローム・)ボアテングをかわしたシュートは素晴らしかったが、シュートはわずかに枠をとらえられなかった。71分、体力が消耗したところでベンチに下がった」と、香川のプレーを攻守ともに評価している。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る