2014.10.26

ハノーファー清武がFK決勝弾…香川途中出場もドルトは6戦勝利なし

清武弘嗣
移籍後初ゴールをFKで決めた清武弘嗣(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第9節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同代表DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーが対戦した。清武が先発出場、香川はベンチスタートで酒井は負傷欠場となった。

 ここまで2勝1分5敗の勝ち点7で14位に沈むドルトムントが、3勝1分4敗の勝ち点10で11位に位置するハノーファーをホームで迎える。ともにリーグ3連敗中で勝利が欲しい両チームの対戦となった。

 試合は、前半から攻撃の意識が高いハノーファーがまずチャンスを得る。6分に右サイドからのロングスローに、ファーサイドにいたレオナルド・ビッテンコートがDFの背後から飛び出して右足で合わせたが、枠の右に逸れた。12分にドルトムントは、右サイドの落としをペナルティエリア手前の右で受けたヘンリク・ムヒタリアンが反転しながらシュート。しかしこれはGKがかき出してゴールとはならなかった。

 20分、エリア手前でボールを受けたマルコ・ロイスが、そのまま左足を振り抜くが、ゴールをわずかに右に逸れた。徐々にドルトムントが攻勢に出てくるが、中盤での守備意識が高いハノーファーに対し、ミスが目立ちリズムを作ることができない。

 ドルトムントは39分に、相手陣地の中央付近でボールを受けたロイスがドリブルで持ち上がり、エリア内左のピエール・エメリク・オーバメヤンにパス。シュートを放つと思われたが、中央に戻してロイスがダイレクトでシュートを放つ。しかしこれはクロスバー上部に逸れた。

 前半はドルトムントが攻勢に出たがハノーファーがしっかり守り、スコアレスドローで折り返した。

 後半はドルトムントがまずチャンスを得る。47分に右サイドのムヒタリアンからアーリークロスが入ると、ファーサイドでフリーのロイスに渡り、そのままシュートを放つがゴール右に逸れた。53分にもムヒタリアンがアーリークロスを入れてファーのロイスに繋がるが、バウンドが合わず、シュートはクロスバー上に外れた。

 55分には、右サイドのウカシュ・ピシュチェクが抜けたすとワンタッチで中に折り返す。エリア内中央のオーバメヤンがトラップするも収めることができなかったが、こぼれ球をロイスがダイレクトでシュート。これもハノーファーGKが触り枠をとらえることは出来ない。
 
 ドルトムントが再三のチャンスを活かせない中、ハノーファーはエリア内手前の左でFKを獲得。61分にキッカーの清武が蹴ったボールは、壁を越えて落下するきれいなカーブで枠の左下に吸い込まれ、ハノーファーが先制した。

 追いつきたいドルトムントは66分にイルカイ・ギュンドアンに代えて香川を投入。72分にハノーファーは移籍後初ゴールとなる先制弾決めた清武に代えてアルトゥル・ソビエフを投入した。

 ドルトムントは76分に、左サイドのからのクロスにアドリアン・ラモスがDFの背後から飛び出し、頭で合わせるが枠をとらえられない。86分には、エリア手前の左からボールをムヒタリアンに預け、エリア内に走りこんでパスを受けようとした香川が、DFと接触し倒れこんだが、PKの判定は出なかった。

 89分、ハノーファーはジェイフン・ギュルセラムがこの日2枚目のイエローを受けて退場なり、10人となった。アディショナルタイムに入りドルトムントは、右サイドからボールを入れてチーロ・インモービレがダイレクトボレーで合わせるも、枠をとらえられなかった。さらに、エリア手前の左からムヒタリアンがミドルシュートを放つが枠の左に逸れる。

 試合はそのまま終了し、攻め込んだドルトムントだがハノーファーの守備を崩すことができず、ホームで敗戦。リーグ戦4連敗で引き分けを挟んで6試合勝ち星を挙げることができなかった。ハノーファーは清武のゴールが決勝点となり連敗を3でストップし、勝ち点3を獲得した。

 ドルトムントは次節、11月1日に昨シーズン王者でトップを走るバイエルンと対戦。ハノーファーは同日、日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 0-1 ハノーファー

【得点者】
0-1 61分 清武弘嗣(ハノーファー)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る