2014.10.26

細貝が追加点を演出…ヘルタ・ベルリンがハンブルガーに3点完勝

細貝
追加点を演出し、快勝に貢献した細貝(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第9節が25日に行われ、日本代表MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとハンブルガーSVが対戦した。細貝は先発出場し、原口はベンチスタートとなった。

 ホーム、オリンピア・シュタディオンに16位ハンブルガーSVを迎えた13位ヘルタ・ベルリンは、前節シャルケ戦と同じ先発メンバーで臨んだ。一方、ヨーゼフ・ツィンバウアー監督が就任して以降、徐々に調子を上げているハンブルガーSVは、2人のメンバーを変更している。

 試合は10分、やや押されていたヘルタ・ベルリンが攻め込む。細貝、サロモン・カルーとパスを繋いで、最後はアニス・ベン・ハティラがシュートを放つも、ヤロスラフ・ドロブニーにセーブされ、決めきれなかった。さらに22分、左サイドを突破したヴァレンティン・シュトッカーのクロスをカルーが合わせたが、ここもドロブニーに防がれた。

 一方のハンブルガーSVは23分、マルセル・ヤンセンがヘディングで落とし、マティアス・オストルツォレクがシュートするもゴール上に外れた。

 しかし、再びヘルタ・ベルリンにチャンスが訪れる。30分、オフサイドラインをギリギリで飛び出したロイ・ベーレンスが、右サイドからクロスをあげ、カルーがヘディングで合わせたが、わずかにゴール左に外れた。33分にはパスワークから、最後はベン・ハティラがシュートを撃つもキーパーの正面で弾かれてしまい、このまま0-0で前半を折り返した。

 後半もヘルタ・ベルリンがチャンスを作る。58分、途中出場のマルセル・ヌジェングがミドルシュートを狙うが、惜しくもクロスバーに阻まれる。それでも直後の59分、カウンターからカルー、シュトッカーと繋ぎ、最後はベン・ハティラが冷静にディフェンダーを交わし右足で決め、待望の先制点を奪った。

 さらに65分、コーナーキックがファーサイドにこぼれると、細貝が角度のない所からシュートを放つ。シュートは惜しくもポストに当ったが、こぼれ球をゴール前のヨン・ハイティンハが押し込み、ヘルタ・ベルリンが追加点をあげる。

 85分、ヘルタ・ベルリンのカウンターからペア・シェルブレットがパスを出し、最後は再びベン・ハティラが蹴り込み3点目を決め、勝利を決定づける。

 結局このまま3-0でヘルタ・ベルリンが完勝した。なお細貝はフル出場、原口に出場機会はなかった。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 3-0 ハンブルガーSV

【得点者】
1-0 59分 アニス・ベン・ハティラ(ヘルタ・ベルリン)
2-0 65分 ヨン・ハイティンハ(ヘルタ・ベルリン)
3-0 85分 アニス・ベン・ハティラ(ヘルタ・ベルリン)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る