2014.04.20

岡崎、バースデー2得点で欧州日本人得点記録に並ぶも…ドルトムントに敗戦

岡崎慎司
ドルトムント戦で2得点を挙げた岡崎(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第31節が19日に行われ、ドルトムントと日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツが対戦。岡崎は先発出場した。

 試合は開始3分、ホームのドルトムントがゴール正面左でFKを得ると、マルコ・ロイスが直接狙うもニアサイドのポストを直撃。しかし、押し込むドルトムントはすぐにネットを揺らす。6分、左CKからこぼれ球をミロシュ・ヨイッチがシュート。これがオリヴァー・キルヒに当たってコースが変わり、GKの逆を突いて先制に成功する。

 劣勢の続くマインツだが14分、ドルトムントのDFラインから前線に送られたボールを中盤で競り勝つと、ユーニス・マーリがヘディングで落とす。これを受けた岡崎がミドルシュートを放つと、マッツ・フンメルスの足に当たってコースが変わり、ゴールイン。岡崎は6試合ぶりのシーズン12点目。16日に28歳の誕生日を迎えており、バースデーゴールが貴重な同点弾となった。

 しかし、試合はドルトムントペースで変わらず。18分、ヌリ・シャヒンが高い位置でボールを奪うと左サイドのヘンリク・ムヒタリアンへ展開。中央へのラストパスをロベルト・レヴァンドフスキが落ち着いて決めて、再び勝ち越しに成功。前半はドルトムントの1点リードで折り返す。

 後半に入りマインツは53分、シャヒンのバックパスに岡崎が反応。GKの手前で奪うと、そのままかわして無人のゴールへ流し込み、同点とする。岡崎は今シーズン5度目の1試合2得点で、通算13得点目。2011-12シーズンに当時ドルトムントに所属していた日本代表MF香川真司の持つ欧州主要リーグ日本人最多得点記録に並んだ。

 だがドルトムントも直後の56分、左サイドでFKを得ると、ロイスがゴール前に送ったボールをウカシュ・ピシュチェクが頭で合わせ、三度勝ち越し。その後もドルトムントが試合を支配し、マインツゴールに迫るが、GKロリス・カリウスの好守もあり、得点を許さない。68分には、ドルトムントのCKから、ヘディングシュートがゴールに向かうもライン上で岡崎が防ぐ。ドルトムントの選手たちはハンドをアピールするが、試合はそのまま続行となった。

 だが79分、ついにドルトムントがマインツゴールを割る。抜け出したレヴァンドフスキがGKをかわしてシュート。これをニコ・ブンガートが手で防ぎ、決定機阻止で一発退場。PKをロイスが決め、ドルトムントがリードを広げた。その後もドルトムントペースで試合が進み、終了。4-2でドルトムントが勝利した

 ドルトムントはリーグ戦5試合負けなしの3連勝。マインツは2試合ぶりの敗戦となった。なお、岡崎はフル出場している。

【スコア】
ドルトムント 4-2 マインツ

【得点者】
6分 ヨイッチ(ドルトムント)
14分 岡崎慎司(マインツ)
18分 レヴァンドフスキ(ドルトムント)
53分 岡崎慎司(マインツ)
56分 ピシュチェク(ドルトムント)
79分 ロイス(ドルトムント)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る