FOLLOW US

新天地デビューの長谷部、ボランチでの起用に満足感「楽しいです」

ブラウンシュヴァイク戦で先発出場し、新天地デビューを果たした長谷部 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF長谷部誠、同代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクは、15日に行われたブンデスリーガ第5節でブラウンシュヴァイクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。同試合にフル出場した長谷部が、ブラウンシュヴァイク戦を振り返った。日本語版ブンデスリーガ公式HPが伝えている。

 敵地で行われた一戦に先発出場し、新天地デビューを果たした長谷部は、「難しかったですね」とコメント。「僕も味方の特長を把握しなければいけないし、味方にも自分の特長をわかってもらう必要がある」と、チーム合流からわずか4日での出場ということもあり、連係面での不安を口にした。また、「もう少し攻守において、個人としてもチームとしても上がっていければいいと思います」、「ボールを自分のところに集めて攻撃を組み立てるというか、落ち着かせてサイドチェンジをしたり、ボールを持つ時間を長くしたいです」と語り、戦術面での課題にも言及している。

 ヴォルフスブルク在籍時には右サイドバックとしての起用が多かったが、ブラウンシュヴァイク戦ではボランチとして出場。本職のポジションでの起用について、「楽しいですね」と語っている。チームでの役割については、「(ニュルンベルクには)若い選手と経験のある選手はいるが、中堅があまりいない。僕は経験という部分で、チームに還元していく必要があると思います」とコメントし、今後への意気込みを見せた。

 なお、チームメートの清武は先発出場し、後半終了間際にベンチに下がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA