サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.13

パリSGがリーグ・アン最速優勝…イブラの4ゴール含む祝砲9発で4連覇達成

イブラヒモヴィッチ
ゴールを喜ぶイブラヒモヴィッチ [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーグ・アン第30節が13日に行われ、トロワとパリ・サンジェルマンが対戦した。

 第29節までを終え、2位モナコに勝ち点差23をつけて首位を独走するパリ・サンジェルマン。今節すでに試合を終えたモナコはドローに終わり、勝ち点1を積み上げるに留まった。そのため、パリ・サンジェルマンがこの試合に勝利すれば、8試合を残してモナコとの勝ち点差は25となり、史上最速でのリーグ制覇が決まる。優勝がかかる一戦には、FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、FWエディンソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリアらが先発に名を連ねた。

 先制したのはパリ・サンジェルマン。13分、相手DFのバックパスをカットしたカバーニがGKと1対1の局面を迎えると、一度目のシュートは阻まれたものの、こぼれ球を自ら押し込んでネットを揺らした。

 勢いに乗るパリ・サンジェルマンは17分、ショートカウンターを仕掛けると、敵陣中央でアドリアン・ラビオからパスを受けたイブラヒモヴィッチがヒールでスルーパス。これを受けたハビエル・パストーレがドリブルでエリア内に侵入し、GKの頭上を超えるループシュートを沈めた。

 直後の19分には浮き玉のスルーパスでエリア内左に抜けだしたカバーニが右足アウトでシュート。ここはGKにセーブされたが、こぼれ球に反応したラビオが左足でネットを揺らし、スコアは3-0となった。

 後半開始早々にはエースの一発でパリ・サンジェルマンがさらにリードを広げる。46分、エリア手前中央でDFをかわしたイブラヒモヴィッチが、左足でグラウンダーのミドルシュートをゴール左隅に決めた。さらに52分、敵陣でボールを奪ったパリ・サンジェルマンは、左サイドのディ・マリアがアーリークロスを供給。エリア内でフリーとなっていたイブラヒモヴィッチが右足のボレーシュートをゴール左に流し込み、点差は5点に広がる。

 止まらないイブラヒモヴィッチは55分、左サイドを駆け上がったレイヴァン・クルザワからのグラウンダーの折り返しをエリア手前中央で受けると、右足ダイレクトでシュート。これがゴール右隅に決まり、ハットトリックを達成した。58分には、クルザワが左足でクロスを上げると、イブラヒモヴィッチの手前でクリアを試みたDFマチュー・ソニエがオウンゴールを献上。これでスコアは7-0となった。

 なおも攻め続けるパリ・サンジェルマンは75分、エリア内左に抜け出したカバーニがDFに倒されてPKを獲得。自らキッカーを努めると、左方向を狙ったシュートはGKにセーブされたが、こぼれ球を押し込んで追加点を奪った。

 88分にはカウンターからGKと1対1を迎えたイブラヒモヴィッチがゴール左に流し込み、この試合4点目をマーク。試合はこのまま9-0で終了し、大量得点で勝利を収めたパリ・サンジェルマンが4シーズン連続6回目のリーグ制覇を達成。8試合を残しての優勝は、2006-07シーズンに5試合を残して優勝したリヨンを3試合上回る史上最速記録となった。

 次節、トロワは19日に敵地でカーンと、パリ・サンジェルマンは20日にホームでモナコと対戦する。

【スコア】
トロワ 0-9 パリ・サンジェルマン

【得点者】
0-1 13分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
0-2 17分 ハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン)
0-3 19分 アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)
0-4 46分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
0-5 52分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
0-6 55分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
0-7 58分 マチュー・ソニエ(OG)(パリ・サンジェルマン)
0-8 75分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
0-9 88分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る