2016.02.18

カバーニ父、パリSGでの起用法に不満「エディは生粋の点取り屋なんだ」

<> at Parc des Princes on February 13, 2016 in Paris, France.
パリ・サンジェルマンでプレーするFWカバーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの父親が、同選手の去就について語った。17日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 パリ・サンジェルマンでは現在、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがセンターフォワードを務めており、カバーニは主にウイングとして出場している。カバーニの父親であるルイス氏は「パリ・サンジェルマンはセンターフォワードとして彼を連れてきたんだ。だけど、ウイングでプレーしている。そのポジションでは満足してないよ」と、カバーニの起用法について苦言を呈した。

 さらに、「彼は自分のやりたいプレーでチームに貢献できていない。エディ(カバーニの愛称)は中央でプレーした方が効果的だ。たくさんのクロスを供給すれば得点をもたらす。エディは生粋の点取り屋なんだよ」と続け、得点を取れるポジションでの出場を求めた。

 また、去就についても言及し、「私はレアル・マドリードやマンチェスター・U、バイエルンなどでプレーしているのを見たいね」と、欧州各国のビッグクラブの名前を挙げた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る