2016.06.15

C・ロナ、ポルトガル代表出場数最多タイに…「目標だった」フィーゴ氏に並ぶ

C・ロナウド、フィーゴ
C・ロナウド(左)がフィーゴ氏(右)の記録に並んだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日に行われたユーロ2016・グループステージ第1節、グループFではポルトガル代表とアイスランド代表が対戦して1-1の引き分けに終わった。

 同試合にフル出場したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリード)が、同国代表での通算出場試合数を「127」に伸ばし、ルイス・フィーゴ氏の持つ最多記録に並んだ。『UEFA.com』が伝えている。

 C・ロナウドは2003年8月20日、カザフスタン代表との一戦に途中出場してポルトガル代表デビューを果たした。当時18歳で、交代の相手はフィーゴ氏だった。以降は順調に出場数を伸ばし、2012年10月16日の北アイルランド代表戦で通算100試合出場を達成した。ユーロ出場は今大会で4回目、ワールドカップは2006年のドイツ大会以降、3大会に出場している。

 現時点でポルトガル代表の歴代出場試合数最多タイで並んでいるC・ロナウドとフィーゴ氏。『UEFA.com』は2人が互いの印象について以下のように語っていると伝えた。

 C・ロナウドはフィーゴ氏について「子どもの頃はいつも、代表チームの中で目標にする選手を探していたんだ。僕が見つけたのはフィーゴとルイ・コスタ、フェルナンド・コウトの3人だよ。彼らに追いつくことを夢見て『彼らのようなプロになって代表でプレーしたい』といつも言っていたよ」と、目標の一人であったことを明かしている。

 一方、フィーゴ氏はC・ロナウドについて「彼は代表に欠かせない重要な選手だ。世界最高の選手の一人で、最も高額な選手でもある。コンディションが最高の時に彼を止めることは不可能だね」と称賛。「ポルトガル代表よりもレアル・マドリードでのプレーの方が良いという見解には賛同できない。クラブと代表では全く異なるからね」と評している。

 なお、C・ロナウドはポルトガル代表としての最多得点記録を更新中。127試合出場で58ゴールを挙げ、得点数2位のペドロ・パウレタ氏に11ゴール差をつけている。

 ポルトガル代表の次戦は18日、オーストリア代表とパリで対戦。C・ロナウドの最多出場記録更新が懸かる一戦となる。


サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング