2016.03.16

イタリア代表のコンテ監督、ユーロ後の退任が決定…チェルシー行きか

コンテ
ユーロ2016終了後の退任が決まったコンテ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリア・サッカー連盟(FIGC)は15日、同国代表を率いるアントニオ・コンテ監督が、今年6月からフランスで開催されるユーロ2016終了後に退任すると発表した。『UEFA.com』が伝えている。

 コンテ監督は2014年8月からイタリア代表を指揮し、ユーロ2016予選を無敗で通過。本大会ではグループEで、ベルギーとアイルランド、スウェーデンと同組となっている。

『UEFA.com』によると、FIGCのカルロ・タベッキオ会長は「コンテ監督は、ユーロを最後にイタリア代表での任務を終えると伝えてきた」と明かし、「忠誠と献身の念を常に持ち続け、イタリア代表の名誉を取り戻してくれた。そんな人物の決断を認めるときが来たんだ」と、同監督への感謝の意を述べた。後任人事については「必要な段階を踏むことになる」と、現時点での明言を避けている。

 なお、コンテ監督の新天地はチェルシーが有力視され、14日付のイタリアメディア『Rai』は、同監督が同日にクラブ幹部と会談の場を持ったと報道。3年契約を結ぶと見られ、契約の詳細について話し合った模様だ。数日中にも大きな動きがあると予想されている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る