2015.10.10

ユーヴェ、モラタが負傷でインテル戦欠場へ…マンジュキッチも離脱

モラタ
ルクセンブルク戦で足首を負傷し担架で運び出されるモラタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタと、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが負傷により戦線離脱を余儀なくされている。

 モラタは9日に行われたユーロ2016予選のルクセンブルク代表戦に先発出場したが、33分に相手選手と接触し右足首を負傷。同日付けのスペイン紙『アス』やイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、最初の検査では腓骨骨折と診断され4カ月の長期離脱を強いられると見られていたが、その後の再検査で、骨折はしておらず重いねん挫だと診断された模様。

 10日にさらに詳しい検査が行われるため離脱期間は明かされていないが、18日に行われるセリエA第8節、インテルとの“イタリア・ダービー”は欠場することになると伝えられている。

 一方マンジュキッチは、10日にブルガリア代表、13日にマルタ代表と対戦するクロアチア代表に招集されていたがハムストリングを負傷。大手メディア『ESPN』によると、7日に検査を行った結果いずれの試合にも出場することはできないと診断された。

 現在セリエAで12位に沈んでいるユヴェントスは、同2位と好調が続いているインテルとの大一番を前に、FW陣に負傷者が相次いでいる。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る