2015.06.30

ユーロ予選で成績不振のオランダ代表、ヒディング監督の退任を発表

フース・ヒディング
代表監督を退任することが決まったヒディング監督(右)[写真]=Getty Images

 オランダサッカー連盟(KNVB)は29日、同国代表を率いるフース・ヒディンク監督と双方合意の上で契約を解除したと発表した。

 ブラジル・ワールドカップ後にルイ・ファン・ハール監督の後任として、指揮官に復帰ヒディング監督は、ユーロ2016終了までの2年契約を結んでいた。

 しかし、ユーロ予選でグループ3位と苦戦。ヒディング監督は、「このような事態になり残念だ。再びオランダ代表を率いることは名誉なことだと思っていた。私の後任やスタッフ、そして選手たちがユーロ本大会に向けて成功を収めることを祈っている」と語り、チームに別れを告げた。

 現時点で後任は発表されていないが、アシスタントマネージャーを務めるダニー・ブリント氏が就任するとの見方が強まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る