2019.04.02

アトレティコ会長、グリーズマンの去就について言及「1000%残留する」

アントワーヌ・グリーズマン
アトレティコ・マドリードに所属するグリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長がフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの去就について言及した。スペイン紙『マルカ』が1日に伝えている。



 昨夏にバルセロナへの移籍に近づきながらも残留したグリーズマンには、その後も多くの移籍の噂が飛び交っている。バルセロナのみならずマンチェスター・Uなどからの関心もささやかれている同選手の去就についてセレソ会長は「グリーズマンが夏に出る可能性はゼロだ。1000%残留する」とコメントし、クラブへの残留を強調した。

 先日フランス代表DFリュカ・エルナンデスがバイエルンへ流出するなど財政的な困窮も指摘されているアトレティコ・マドリード。今夏の動きに注目が集まるところだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る