サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.04

バルサ、メッシのハットなど5発大勝…35戦無敗で新記録樹立

Generated by  IJG JPEG Library
ラージョ・バジェカーノ戦で得点を挙げて喜ぶバルセロナの選手ら [写真]=Bongarts/Getty
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第27節が3日に行われ、ラージョ・バジェカーノとバルセロナが対戦した。

 前節、ホームでセビージャに逆転勝利を飾り、公式戦34試合負けなしとクラブ記録を更新中のバルセロナ。今節はセビージャ戦でスタメンを外れたクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが先発復帰を果たしている。攻撃陣では、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”が揃って名を連ねた。一方、リーグ戦で7試合負けなしが続いているラージョ・バジェカーノは、残留に向けて勝ち点を伸ばしたいところ。

 試合開始から22分、バルセロナが先制点を挙げる。CKのこぼれ球をつなぎ、右サイドからセルジ・ロベルトがクロスを上げると、GKフアン・カルロスがキャッチミス。すかさずラキティッチがボールに反応し、ゴール左下に突き刺した。

 続く23分には、メッシからのスルーパスを受けたネイマールがDFラインの裏に抜け出し、エリア左でGKをひきつけて中央へ折り返した。このボールに走りこんだメッシが、無人のゴールに流し込み、追加点を挙げる。

 42分、ラージョ・バジェカーノの状況がさらに苦しくなる。センターサークル付近でラキティッチに激しいタックルを行ったディエゴ・ジョレンテがレッドカードを提示され、数的不利となった。試合はこのままバルセロナの2点リードでハーフタイムを迎える。

 後半に入って攻勢を強めるバルセロナは53分、右サイドを駆け上がったS・ロベルトがグラウンダーのクロスを上げると、DFに当たったところにスアレスが飛び込み、右足でシュートを放った。これは右ポストに直撃するが、こぼれ球をメッシが詰め、ネットを揺らした。

 直後の57分、ラージョ・バジェカーノが1点を返す。エンバルバが右サイドから上げたクロスを、ベベが頭で折り返し、最後はマヌーショがヘディングシュートでゴールに押し込んだ。

 67分、FKの混戦でセルヒオ・ブスケッツがマヌエル・イトゥラに後ろから倒され、バルセロナがPKを獲得する。イトゥラは一発退場となり、ラージョ・バジェカーノは9人での戦いを強いられることとなった。しかしキッカーを務めたスアレスのシュートにGKカルロスが反応。ゴールを死守した。

 72分、バルセロナがリードを広げる。ハーフライン付近からブスケッツがスルーパスを出すと、裏に抜け出したメッシがGKとの1対1を落ち着いて決め、ハットトリックを達成した。

 さらに86分にはジェレミー・マチューがエリア左から上げたクロスボールに、途中出場のアルダ・トゥランが頭で合わせ、追加点を挙げた。

 試合はこのままタイムアップ。5得点を挙げ大勝したバルセロナは、これで公式戦無敗試合数を35に伸ばし、レアル・マドリードが1988-89シーズンに達成した記録を更新した。一方、敗れたラージョ・バジェカーノはリーグ戦8試合ぶりの黒星となった。

 次節、ラージョ・バジェカーノは7日にエスパニョールと、バルセロナは6日にMF乾貴士の所属するエイバルとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
ラージョ・バジェカーノ 1-5 バルセロナ

【得点者】
0-1 22分 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)
0-2 23分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
0-3 53分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-3 57分 マヌーショ(ラージョ・バジェカーノ)
1-4 72分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-5 86分 アルダ・トゥラン(バルセロナ)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る