2016.02.28

レアル沈める6試合ぶりのゴール…グリエスマン「自信を持っていた」

グリエスマン
マドリード・ダービーで決勝ゴールを挙げたグリエスマン [写真]=ムツ カワモリ
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節でレアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”を戦い、敵地で1-0の勝利を収めた。リーグ戦6試合ぶりの得点を決めたフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンのコメントを試合後にスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 この試合唯一のゴールを決めたグリエスマンは、第20節のラス・パルマス戦で2得点を決めて以降、リーグ戦5試合得点がなかったが、大一番で悪い流れを断ち切っている。また、同選手がレアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでゴールを挙げたのはこれがキャリア2度目のこと。今シーズンは公式戦20得点を記録しており、チーム内でグリエスマンの次に得点を決めている選手はスペイン人MFサウール・ニゲスの6点と、その得点力はチームで群を抜いている。

 同選手は試合後、「とてもいい感触だし、僕たちは満足している。偉大な努力をしたし、最後まで全力を出し尽くした。大満足して進んでいくことができる」と喜びのコメント。

 そして久々の得点については「ゴールを決めたかった。ハードワークをしていたし、自分がやってきたことにも自信を持っていた。仲間を信頼していたしね。フィリペ・ルイスがいいアシストをしてくれて、僕は合わせるだけだった。どんなチームが相手でも得点は重要だ。満足しているし、もっとゴールを決められたらいいね」と振り返り、チームメイトへの感謝と今後への意気込みを述べた。

欧州順位ランキング

チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
エバートン
7pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
6pt
デポルティボ
4pt
レガネス
4pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
6pt
ナポリ
4pt
ローマ
3pt
欧州順位をもっと見る