2016.02.21

ロナウド氏、リーガの2大エースを比較「メッシの方が少し天才的」

C・ロナウド(左)とメッシ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元ブラジル代表FWロナウド氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて言及した。20日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 イタリアメディア『Sky』のインタビューに応じたロナウド氏は、メッシとC・ロナウドについて「どちらも非常に素晴らしく、群を抜いている。しかし、私はC・ロナウドよりメッシの方が少し天才的だと思う。とっさに方向転換ができる彼のボールの持ち方、足に吸い付くようなドリブルは簡単ではないんだ」と、メッシのボールの扱い方を称賛した。

 現役時代、PSV、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミランとビッグクラブでプレーをしてきたロナウド氏。「僕がプレーしていた時、セリエAが世界最高峰で、イタリアサッカーは守備面で有名だったから、最もタフだった。とても難しかったから、僕はその頃が1番上手くいっていたと思っているよ」と、セリエA時代を振り返った。

 さらに、「インテルがいつまでも僕の心の中にあるクラブだろう」と、最も思い入れのあるクラブはインテルだと明かした。

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る