2016.02.15

スアレス弾のトリックPK、実は予定外の結果?…ネイマール「自分へのパス」

スアレス、ネイマール
ゴールを決めたスアレス(中央左)、後方にはネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第24節が14日に行われ、バルセロナとセルタが対戦。ホームのバルセロナが6-1と大勝してリーグ戦6連勝、公式戦無敗記録を30に伸ばした。試合後、バルセロナのブラジル代表FWネイマールがコメントした。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 同試合では、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがハットトリックを達成。81分の自身3点目は“トリックPK”によるものだった。キッカーを務めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがシュートを打たずに左足で軽く触ると、走り込んだスアレスが右足でゴール右隅に決めた。

 鮮やかに成功した“トリックPK”について、ネイマールは「僕たちは、あの形を練習していたんだ」と狙い通りだったと振り返りつつ、以下のように明かした。

「あのPKは自分へのパスだったんだけど、ルイス(スアレス)のほうが近くにいたから、彼がゴールを決めたんだ。すごく満足しているよ。僕たちの友情はゴールの有無とは関係なく、とても重要なものだからね」

 メッシからのアシストは、実は自分へのパスだったと明かしたネイマール。映像を振り返ると、シュートを打つスアレスの少し後方に走り込んでいることがわかる。

 なお、ネイマール自身は後半アディショナルタイムにチーム6点目を挙げ、勝利に貢献した。6-1での大勝を振り返って、「非常に難しい試合だったけど、自分たちのプレーをすることができた」と話していた。

 バルセロナの次戦は17日、クラブ・ワールドカップ出場のために未消化だった第16節のスポルティング・ヒホン戦。そして20日には、第25節でラス・パルマスと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る