2016.02.12

国王杯決勝の中立地開催を望むセビージャ指揮官「不公平は止めて欲しい」

エメリ
セビージャを率いるエメリ監督 [写真]=Getty Images
スペインサッカー スーペルコパ 2016 8月放送決定! スペインの新シーズン最初のタイトルを賭けてバルセロナとセビージャが激突!

 現地11日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグ、セビージャはアウェーでセルタと2-2のドローを演じ、2試合合計スコアを6ー2として決勝に駒を進めた。

 1週間前にホームで行われたファーストレグに4-0で圧勝していたセビージャは、この日は35分に続き55分にも相手FWイアゴ・アスパスにゴールを奪われたものの、直後の56分にMFエベル・バネガが反撃弾、終了間際の87分にMFイェウヘン・コノプリャンカが同点弾を決め、無事に勝ち抜きを決めた。

 この結果、6シーズン振りに決勝に進出したセビージャ。試合後の会見に臨んだウナイ・エメリ監督も素直に喜びの声を上げている。

「決勝進出という結果はチームのハードワークの賜物だ。今大会は初戦から何か重要な足跡を残せそうな予感があったが、ついに最終段階までたどり着くことができた。私は、これまで全てラウンドに満足しているが、とりわけセルタとの準決勝は充実感が高かった。我々はタイムアップの笛が鳴るまで気を抜くことなく戦い抜くことができた」

 6年前の決勝では、今回の決勝で対戦するバルセロナの本拠地カンプ・ノウで、アトレティコ・マドリードを2-0で下しているセビージャ。だが、毎シーズンのように議論を呼ぶ決勝のスタジアムについて質問されたエメリ監督は、バルセロナがカンプ・ノウでアスレティック・ビルバオを3-1で下した昨シーズンのような事態を避けるためにも、中立地で開催すべきであることを強く訴えた。

「決勝の会場が昨シーズンのようにカンプ・ノウにならないことを願っている。バルセロナにさらなるアドバンテージを与えるような不公平なことは止めて欲しい。あそこでやる位なら、中国でプレーする方がまだマシだ。私としては、セビージャのサポーターがより気分良く応援できるスタジアムになることを期待している」

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る