2016.02.12

C・ロナウドがイスラエルでCMに出演…「失礼だ」と態度には批判も

C・ロナウド
レアルでプレーするC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日付のスペイン紙『マルカ』は、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに新たな批判が集まっていると報じた。

 C・ロナウドは10日、自身の公式ツイッターに「僕がイスラエルのスターになるという噂がある。サッカーではなく…このアツいコマーシャルでね」と投稿。出演するイスラエルのCM動画を紹介している。

 動画では、イスラエルの有料放送が開始したインターネットサービスを“スピード”に着目して紹介。突然イスラエルのクラブへ加入した同選手が、新天地のチームメイトにインターネットのほうが速いと指摘されて不機嫌な表情を見せ、「そんなことより、『7』は俺の番号だ」と言い放ってユニフォームを奪うというもの。

『マルカ』によると、C・ロナウドの態度に対して「失礼だ」という批判がすぐに集まったという。同紙は他にも「今日から僕のヒーローは(リオネル・)メッシだな」などのコメントを紹介している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る