2016.02.10

加入2年目は低調…J・ロドリゲス、今夏にレアル退団の可能性も

ハメス・ロドリゲス
レアル退団の可能性が報じられたJ・ロドリゲス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、今シーズン終了後に同クラブを退団する可能性が出てきた。スペイン紙『スポルト』が9日に報じている。

 報道によると、レアル・マドリードはJ・ロドリゲスのパフォーマンスについて、“継続性”を非常に厳しく検討している。同選手は昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ29試合出場13得点を記録したものの、加入2年目の今シーズンはリーグ戦第24節終了時点で14試合出場4得点にとどまっている。

 同紙は、J・ロドリゲスの才能に疑いの余地はなく、メディアからの注目度も高いことから、フロレンティーノ・ペレス会長が重要視する要素を兼ね備えていると言及。そのうえで、2010年から2013年まで所属したドイツ代表MFメスト・エジル(現アーセナル)の“二の舞”を避けたいとクラブ側が考えていると報じた。

 エジルについて同紙は「最後まで安定したパフォーマンスを見せず、結局はアーセナルへ移籍することとなった」と記述。同選手の時のような忍耐強さをもってJ・ロドリゲスのパフォーマンス向上を待つことはないとの見通しが報じられている。

 J・ロドリゲスは、ジネディーヌ・ジダン監督の就任後2試合はベンチスタートだったものの、最近3試合では先発メンバーに名を連ねている。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る