2016.02.10

ブスケッツ、マンC就任グアルディオラ監督に「大きな借りがある」

ブスケッツ
ブスケッツ(左)とグアルディオラ監督(右)[写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cやパリ・サンジェルマンからの興味が報じられているバルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが9日、大手メディア『ESPN』のインタビューに応じ、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督についてコメントした。

 グアルディオラ監督は、2007-08シーズンはバルセロナBで、翌年からの約3年間は同クラブのトップチームでブスケッツを指導。来季からマンチェスター・Cの指揮官に就任することが決定しており、愛弟子ブスケッツを獲得するよう新天地に求めていると噂されている。

 ブスケッツは「いつも言っているが、バルセロナに残るという僕の決断を変えることができる人物は2人だけ」と明かすと、「1人は僕の妻だが、彼女はここで幸せに感じている。そして、もう1人はグアルディオラ監督だ。彼には大きな借りがあるし、また彼の下でプレーすることができるなら光栄だ」と、師弟関係に言及した。

 一方で、「ここに残ることが僕にとってベストだと彼は知っているだろうし、退団を勧めてくることはないだろう」と、グアルディオラ監督が獲得に乗り出す可能性を否定。「キャリアを終える時、偉大なチームでたくさんのタイトルを獲得した思い出を振り返りたいと思っている。バルセロナで多くの試合に出場した選手の1人になりたいんだ」と、残留希望の意思を口にした。

 なお、現在のバルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、ブスケッツの移籍報道について問われ、「グアルディオラとブスケッツの問題。ルイス・エンリケの問題ではない」と答えている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る