2016.02.08

豪快ミドルのモドリッチ、監督の助言明かす「もっと狙えと言われていた」

ルカ・モドリッチ
グラナダ戦でミドル弾を決めたモドリッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第23節が7日に行われ、レアル・マドリードは敵地でグラナダと対戦し、2-1で勝利を収めた。試合後、決勝点を挙げたクロアチア代表MFルカ・モドリッチがインタビューに応じ、スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 試合は、レアル・マドリードがFWカリム・ベンゼマの今シーズン19点目で先制に成功するが、60分に同点に追いつかれる展開。1-1のまま迎えた85分、モドリッチがエリア外から思い切り良く右足を振りぬくと、無回転気味のボールがゴール左上に突き刺さり、このまま2-1でレアル・マドリードが勝利した。

 モドリッチは「ジダン監督やチームスタッフから、『もっとシュートを狙え』と言われていたんだ。だから、今日は2、3回試みてみたよ」と、シュートを狙う意識を持って試合に臨んでいたことを明かした。

 また、チームのパフォーマンスについても言及し「僕たちはいつも5-0とか6-0で勝てるわけではないんだ。今日は多くの得点を奪えなかったけど、重要なのは勝ち続けること。もっと攻撃も守備も良くなるけど、日々良くなってきている。次の試合ではさらに改善して、より良いプレーができるだろうね」と話し、まだまだ改善する必要があると強調した。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る